働きた革命?とかではなく、働き方の意識を変える必要があるね!

いつも拝見させてもらっている広瀬隆雄さんの「MarketHack」

深い洞察からの投資状況などを発信していますが、投資の領域だけでなく、ValuやTimebankなど、ネットサービスについて投資家としての意見も発信していて、いつも楽しませてもらっています。

その中で、働き方についての言及。

http://markethack.net/archives/52057792.html

本当に同感です。しっかりとした言葉にしてもらったので、スッキリとした気分ですね。

これからの働き方は、

1. 投資を労働に優先すること
2. テクノロジーを駆使すること
3. 自分の会社を持つこと

引用:http://markethack.net

を意識すること。

トマ・ピケティの『21世紀の資本』では、収益性を軸にして考えると 投資 > 賃金労働 とあり、そのその傾向はますます強くなっていると指摘しています。

IPOとか、実際に投資した経験から考えると、その実感もあり、投資抜きでは資産を作ることはできない。

人生変えるととか、楽して億万長者とかではなく、自分の自由を獲得するための資産を作っていくためであっても、投資抜きでの実現はできない。

また、自分の会社を持たず労働力の切り売っていく、つまり搾取される側にいては、いつまでたってもジリ損から抜け出すこともできないです。

将来の資本戦略の自由度を増し、富の蓄積の速度を加速し、さらに税金効率を改善するメリットをもたらします。

引用:http://markethack.net

とあるように、自分が意思決定をする自由をもって、収益を獲得する上では必要なことでしょう。

さらに、現在のテクノロジーの進化は、簡単に人の想像を超えてきます。

若いころは笑い話でしたが、ドラえもんの「翻訳こんにゃく」は実現性も出てきてます。

 

https://iamili.com/ja/

旅行に特化したワンフレーズ翻訳デバイス

http://www.sourcenext.com/product/pocketalk/

POCKETALKTM は、外国語が話せなくても対話できる、超小型「通訳」デバイスです。
英語はもちろん、中国語、韓国語、フランス語など、50以上の言語で双方向のコミュニケーションができます。

英語は話せないとダメ!っていうのも、そのうちに議論にすら上がらず、そのテクノロジーを自然に利用する状況になるでしょう。

また、「会社にいること」という前提も崩れています。FacebookやSlackなどのコニュニケーション手段の発達で、今いる場所という概念が薄くなり、隣にいようが、遠隔にいようが、結果を出す人と働く、という状況になっていくのは自然の流れです。

言語、場所の壁がなくなると、日本というくくりではなく、世界で人材を求め、最適なチームを作る様になっていきますね。

素晴らしいことでもありますが、逆を言うと、世界で戦わないと行けないので、厳しい世界になっていくでしょう。

つらつらと考えを述べていきましたが、

個として生きていくことが、より強く求められていく世界になっていく

だろうというのが私の思い。

ウェルカムだし、そこを生き抜いていきたいですね!